So-net無料ブログ作成

自殺した女優 三十一人に百回以上酒接待性接待 復讐して欲しい [売春]


 昨年3月に自殺した女優の張子妍が「31人に100回以上接待した」と自筆で残した文書が公開され社会的波紋が予想されている。

 SBSは6日8時ニュースで張子妍が平成17年から21年の自殺直前まで直接作成し知人に渡していた文書50通230ページを単独入手した」と報道した。

 SBS側は張子妍は31人に100回以上の酒接待性接待を強要されたと文書に残したとしてこれはこれまで芸能界に性接待とはありえないと主張してきた前企画会社代表の話とは全く異なる内容だと説明した。

 張子妍は文書に接待場所を細かく記録していたほか相手の職業まで几帳面に書き込んでおりこの中には芸能プロダクションや制作会社関係者大企業金融機関報道機関関係者が多数含まれているとSBSは伝えた。

 「復讐してほしい。接待から抜け出す方法がない。接待を受けに来た男性は悪魔だ。100回以上接待に引っ張られて行った。新しい服を着る時はまた別の悪魔に会わなければならない」と当時の壮絶な状況を描写した張子妍は「両親の法事の日にも接待に駆り出された。リストを作っておいたので(私が)死んだとしても復讐してほしい。冥土から復讐してやる」など血のにじむ絶叫を書き込んだ。

 SBS側は公認専門家に筆跡鑑定を依頼し張子妍の筆跡と合っているという結果を得たと明らかにした。

 張子妍は平成21年3月に京畿道盆唐の自宅で自殺したが遺書は発見されておらず単純な自殺として処理された。しかしマネジャーがいわゆる張子妍文書があると主張し波紋を呼んだ。所属会社前代表とマネジャーユは22年11月にそれぞれ懲役1年と執行猶予2年社会奉仕160時間の宣告を受けている。

平成二十三年三月七日午前十時十四分

自殺した女優 三十一人に百回以上酒接待性接待 復讐して欲しい

日本の病巣
世界の病巣
露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

風営法違反容疑などで女四人逮捕 栃木県警 [売春]


 県警生活安全企画課と足利署は8日までに風営法違反の疑いで韓国籍の足利市福富町風俗店経営李敬美容疑者を逮捕。同容疑で韓国籍の同市福居町風俗店店長李東実容疑者と同幇助の疑いで支那籍の同所風俗店従業員金順愛容疑者を現行犯逮捕した。また入管難民法違反の疑いで韓国籍の同所同崔鎮伊容疑者を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は李敬美李東実容疑者は2月22日に風俗営業禁止区域の足利市福居町で性的サービスをする個室マッサージ「マンゴー」を営業し金容疑者は店員として男性客に性的サービスを行った疑い。崔容疑者は旅券を持っていなかった疑い。

平成二十二年三月八日午後六時二十七分

風営法違反容疑などで女四人逮捕 栃木県警

日本の病巣
世界の病巣
露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

違法風俗店の巧みな営業戦略 一万七千人分好みを徹底管理 [売春]


 ここまで徹底してシステム化された違法風俗店は見たことがない。大阪奈良兵庫3府県で複数の無店舗型性風俗店を経営していた金正一被告(56)が売春防止法違反の疑いで奈良県警に逮捕起訴された。住所や電話番号好みの女性のタイプ。捜査員をうならせたのは約1万7千人の顧客男性のデータ管理だった。金被告らはパソコンに蓄積したこれらのデータを駆使し巧妙な営業宣伝戦略で約4年間で13億6800万円もの売り上げを得ていた。

■店を変えても

 端緒をつかんだのは奈良県警のサイバーパトロールだった。インターネット犯罪を監視中に売春をにおわす性風俗店の広告を発見。内偵捜査により違法行為が確認され昨年11月携帯電話の出会い系サイトで売春目的で男性客を募ったとして売春防止法違反の疑いで無店舗型性風俗店を運営するオフィス松本経営金被告を逮捕した。

 さらに今年1月には金被告が平成20年以降大阪市都島区と神戸市中央区の事務所で22~30歳の女性に売春をさせる契約をしたとして再逮捕され奈良地検が2月1日に売春防止法違反罪で追起訴。

 捜査関係者によると金被告が豊中市の自宅を拠点にオフィス松本を立ち上げたのは平成17年10月。その後兵庫県や奈良県などにも事務所を開設して進出。「シークレットサービス」「ロイヤルファミリー」「ヒルズクラブ」「ルージュ」などの複数の店舗名で男性客を集めていた。

 使い分けていた店舗名は3府県で計16あったという。捜査関係者は複数の店舗名を使用していたのは一度ついた顧客を逃さないためのシステムだと分析する。

 金被告らはこれらの店舗名でスポーツ紙やインターネットなどに広告を掲載。風俗店をはしごする男性客を逃さないための工夫で客たちは店を変えたつもりでも実際は同じオフィス松本から女性従業員が派遣されていたというわけだ。

■スリーサイズやジャンルも記載

 オフィス松本の特徴は徹底したデータ管理だったという。

 県警が押収した女性従業員の名簿には学生や会社員飲食店従業員病院関係者やダンスのインストラクターなどさまざまな職種の18~33歳までの女性の詳細なデータが記載されていた。ほとんどが副業として働いていたとされる。いずれも容姿がよく人気の秘密だったのではという。

 女性従業員のデータには源氏名や年齢スリーサイズに加えて「セレブ」「OL」「人妻」などのジャンルも記載。客からの電話を受け付けるフロント従業員はこれらのデータを参考にして派遣する女性従業員を選んでいた。常連の男性客に同じ女性従業員が派遣されるダブりの防止にも役立てていたとされる。

 金被告らは加えて男性の顧客名簿も作成。名簿には約1万7千人のデータが記載されていた。名前や電話番号のほか利用したホテル名や好みの女性のタイプまで調査し管理していた。どの店舗名で予約をしたのかも分かるように工夫をしていたとされる。

■高額でも人気

 金被告らは宣伝でも戦略的だった。店舗名ごとにホームページかスポーツ紙か利用する広告媒体を分けていたのだ。「店ごとの利用される回数でどのメディアを利用して宣伝するのが効果的なのかを分析していたのではないか。これほどデータ管理を徹底し重視した違法営業の風俗店は珍しい。全国的にもまれではないか」と捜査関係者も舌を巻く。

 宣伝内容にも力を入れ金被告らの逮捕後に電話がつながらなくなった店舗のホームページを開くと女性従業員のコメント付きの写真がずらり。出会い系サイトなどにも広告を載せ買春行為ができるとほのめかす内容にするなどして男性客の関心を集めていたという。

 県警は利用料が1時間2万2千円~3万6千円と業界では安価だったため客を引きつけたのではないかとみているが大阪などで取材をしている風俗ライターの男性は「1時間で2万円以上はむしろ高額。大阪では1万円台で買春できる店ははいて捨てるほどある。むしろこの料金で1万人以上の顧客を抱えていた点に巧妙な戦略が功を奏していたことがうかがえる」と驚く。

 巧みな営業宣伝戦略によって年間で3~4億円4年間で13億6800万円を売り上げたオフィス松本。しかし皮肉にもその宣伝によって県警に違法営業の実態を知られることになってしまった。

■消えた売り上げ

 県警の調べに対し金被告は風俗店を開いてから税金は払っていないなどと話しているといい脱税の疑惑も浮上している。

 さらに県警によると金被告の個人口座には1千万円程度の残高しか残されていなかったという。県警はオフィス松本は暴力団の資金源で風俗店での巨額の利益が組織の活動資金として流用されていた可能性があるとみている。

 金被告は県警の調べに対し「売上金は全部使った。高級車を買った」などと供述しているとされるが捜査関係者は「13億6800万円もの金がほとんど残されていないことは不自然。女性従業員らに人件費がかかったとしても数億円もの大金がこつ然と消えてしまったことになる」と指摘。不透明な資金の流れを解明する方針という。

平成二十二年二月二十七日午前八時二十九分

違法風俗店の巧みな営業戦略 1万7000人分好みを徹底管理

日本の病巣
世界の病巣
露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国人が人身売買組織を主導 [売春]


 中米グアテマラ現地紙は同国で韓国人男性(56)が拉致殺害した疑いで先月18日に逮捕された35歳と38歳の男が国際的な人身売買組織に関与し違法売春だけでなくさらに韓国人一人を殺害していたと大きく報道した。

 グアテマラの有力紙プレンサ・リブレは22日アジア人が人身売買組織を主導していたという趣旨の記事を大きく掲載した。見出しはアジア人だったがその上に韓国人という補足説明を付け韓国人を名指しした内容だった。

 同紙は容疑者が8カ国(韓国スペイン米国メキシココスタリカニカラグアパナマコソボ)の人身売買組織とつながりを持ちそこを通じて女性を売春婦として連れてきたと指摘した上で警察が韓国人容疑者の電話による通話内容を確認したと報じた。ただし同紙は実際にどんな組織と関係がありどの国籍の女性がどれだけグアテマラに連れて来られたかについては言及していない。

 同紙はまた人身売買された女性はロシアオランダコスタリカなどを経てグアテマラに入り韓国人容疑者二人が経営する地下カジノで韓国人客を相手に売春を強要されていたと伝えた。韓国人二人とともに逮捕されたグアテマラの情報将校は容疑者らが女性らを移送する際検問を受けないよう支援していたという。

 このほか同紙は平成20年2月16日に起きた別の韓国人男性(32)の殺害事件も容疑者らの犯行だと報じた。

平成二十二年二月二十四日

韓国人が人身売買組織を主導 グアテマラ紙報道

支那大陸 本日モ反省ノ色無シ
露西亞平原 本日モ侵略止マス
日本の病巣
世界の病巣
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

売春場所提供の疑いで韓国人を逮捕 川崎 [売春]


 神奈川県警生活保安課と川崎署は17日売春防止法違反(場所提供)の疑いで長野県長野市韓国籍で売春店経営の曹秀仁容疑者(37)を逮捕した。

 逮捕容疑はほか数人と共謀し昨年6月11日から同月23日までの間川崎市川崎区堀之内町の売春店2店で女性従業員が売春する際に店内の個室を貸したとしている。

 同課によると知り合いの男に誘われて経営したなどと供述容疑を認めているという。同課では昨年1月から7月にかけて堀之内地区の売春店の摘発を実施。売春店をすべて廃業させ経営者や売春婦など計45人を摘発したが同容疑者は逃走していた。

平成二十二年二月十七日午後九時九分

売春場所提供の疑いで韓国人を逮捕 川崎

日本の病巣
世界の病巣
露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

売防法違反容疑で韓国人の女を逮捕 [売春]


 埼玉県警生活環境1課と草加署は8日、売春防止法違反などの疑いで、韓国籍で草加市金明町の風俗店「BUKANG」営業、宋仁蘭容疑者(45)=東京都葛飾区亀有=を逮捕した。宋容疑者は否認しているという。

 草加署の調べでは、宋容疑者は7日午後6時10分ごろ、BUKANGで、従業員の女(36)が草加市の男性会社員(34)に60分1万6000円で売春することを知りながら場所を提供した疑いが持たれている。

 草加署によると、BUKANGは8月から営業していた。

平成二十一年十二月八日午前十一時三十一分

売防法違反容疑で韓国籍の女逮捕
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

売春防止法違反で韓国人を逮捕 [売春]


 埼玉県警生活環境1課と西入間署は17日、売春防止法違反などの現行犯で、韓国籍で坂戸市八幡の風俗店「草野」店長、朴淑子容疑者(54)を逮捕した。

 生活環境1課の調べでは、朴容疑者は17日午後8時15分ごろ、草野で韓国籍の従業員の女(33)が埼玉市の男性会社員(41)に50分1万2000円で売春することを知りながら場所を提供した。

 生活環境1課によると、草野は平成16年9月に営業を開始し、月約200万円を売り上げていた。

平成21年11月18日午前11時37分

売防法違反容疑で韓国籍の風俗店店長逮捕
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

海外売春に走る醜い韓国人 [売春]


 南太平洋に位置する人口11万人の小さい島国キリバス。韓国遠洋漁船が停泊すれば、現地少女が乗った小さいボートが近寄ってくる。韓国を皮肉って「コレコリア」と呼ばれる売春女性たちだ。

 豊かな漁場ながら、魚を釣る船がなく、他国の遠洋船団に操業権を売らなければならないほど貧しいこの国は、平成10年代初期の韓国漁船の進出と共に売春までが上陸した。

 韓国船員は初めに酒場やモーテルなどに留まり、少女らを相手に買春をした。平成15年、キリバス政府が韓国船の入港を一時的に禁止して、翌年ユニセフ(国連児童基金)会議でこの問題が国際問題化してから、今度は船員たちは上陸せずに船内で売春をしている。

 6月、キリバス現地のある医師は国際NGOの「子供売春・ポルノと性を目的にした子供人身売買根絶運動」韓国支部(エクパッコリア)に送ったEメールで「韓国船員が引続き船内に“コレコリア”を呼び入れて、一層悪いことにポルノまでまき散らしている」として、事態の深刻性を伝えてきた。

 “醜いコリアン”はキリバスだけでなく、米国と中国、東南アジアなど世界あちこちで国恥をまき散らしている。

 それでも韓国政府は売春防止法施行など、国内取り締まりの手綱は締めても、海外で行われる韓国民の売春取り締まりには消極的だと指摘を受けている。

 26日、警察庁によれば平成19年海外で売春斡旋や買春・売り渡しなどで検挙された韓国人は89人だったが、20年は498人と、5倍に増えた。今年に入っては第1四半期までに28人が捕まった。

 取り締まり地域も、19年中国と米国、オーストラリアなどの地から、20年には中国、フィリピン、タイ、ベトナム、インドネシアなどに拡大した。

 エクパッコリアは韓国男性の売春形態が“低質”と伝えている。タイでは避妊用品使用を拒否して、売春女性を荒々しく扱うことで悪名が高い。フィリピン観光に出かけた韓国男性の間では、ゴルフと売春が必須コースのように見なされ、今は10代後半から20代はじめの語学研修学生たちまでが、買春に向かう状況だ。

 政府が昨年3月、旅券法を改正して、売春関連犯罪者に対する旅券発給を制限したり、旅券を取り消しできる法的根拠を用意するなど、対策に出たが、まだ明確な効果を上げられずにいる。旅券発給制限事例は17年2件、18年8件、19年11件、20年6月現在5件だけだ。

 韓国とタイ、中国など12カ国間に刑事司法協調条約が結ばれているが、強力犯でない売春法律違反者の場合、事実上、放置されている。

21/7/27

海外売春に走る“醜い韓国人”
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

川崎で風俗街の一斉摘発 韓国人女を十七人逮捕 [売春]


 国内有数の川崎市川崎区堀之内町の風俗街で5日、県警と東京入国管理局による一斉捜索が行われた。県警は、十数店ある売春宿の年内の完全閉鎖を目指して取り締まりを強化しており、今回は過去最大の80人態勢で捜索を行い5店舗を摘発、20~30歳代の韓国人の女17人を売春防止法違反(客待ち)で、見張り役の日本人の男ら4人を同法違反(同)幇助の疑いで逮捕した。

 県警幹部によると、韓国人の女17人は5~7月、店内で性行為をするために客待ちした疑い。見張り役の男ら4人は5~6月、警察官による取り締まりを見張ることで、店内の女性従業員が男性客を勧誘できるようにした疑い。全員、容疑を認めているという。

 一斉摘発は午後4時40分、捜査車両約20台を売春宿近くに止め、捜査員が店に一気に踏み込んで始まった。1時間半にわたり店内を捜索、関係者を次々に護送車に連行した。

21/7/06

堀之内売春宿5店摘発
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

売春クラブ経営の韓国人を逮捕 [売春]


 就労資格のない韓国人の女を働かせたとして、警視庁保安課などは30日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、東京都荒川区東日暮里、韓国籍で売春クラブ「いい女」経営、李恵敬容疑者(37)=売春防止法違反容疑などで逮捕=を再逮捕した。同課によると、李容疑者は「金を稼げるので始めた」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は4月~6月にかけ、就学と短期滞在の資格で来日した韓国人の女2人=いずれも入管難民法違反(資格外活動)容疑で逮捕=を売春クラブで働かせたとしている。

 同課によると、李容疑者は約5年前から売春クラブを始め、これまでに約10億円を売り上げたとみられる。李容疑者の自宅からは、売上金約3200万円が押収された。インターネットやスポーツ新聞の広告で客を募り、顧客リストには2640人の名前があったという。

 今年1月、警視庁に「むりやり売春させられている」との投書があったため、同課は11日、同店を摘発。入管難民法違反(資格外活動)の現行犯で李容疑者を逮捕した。

21/06/30 12:38

売春クラブ「いい女」摘発 売上10億円
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。