So-net無料ブログ作成
検索選択
科学技術 ブログトップ

衛星打ち上げ失敗で韓国とロシアが対立 [科学技術]


 韓国が10日、初の人工衛星の打ち上げに、2009年に続き失敗したことで、責任の所在を巡り韓国側とロシア側に対立が生じた。

 打ち上げに使ったのは羅老。1段目はロシア製、2段目は韓国製で、打ち上げ後2分17秒、高度7万メートルで通信が途絶した。同時刻に爆発したとみられている。

 韓国側技術者は、爆発は1段目のロケットエンジンが作動中に爆発したと主張。ロシア側専門家は韓国製の2段目が、予定時間前に点火したことが爆発の原因として、「責任は韓国側」と反論した。

 1段目のロケットエンジンは232秒間、燃焼する予定だった。韓国のテレビ局が撮影した画像によると、通信が途絶えた打ち上げ後137秒に、「ナロ」が異常な炎を噴出する様子が見える。ロシア側による「分離装置が事前に作動した可能性」の指摘もある。

 ロシアの専門家は平成21年には、韓国の分離装置が正常に働かず、ロケットの軌道がそれて失敗したと指摘。韓国側は当初、同失敗原因に同意せず、時間が経過してから「ロシアの第1段ロケットは正常に作動した」と認めた。

 ロシア側は、「データを詳細に検討する必要があり、現時点で事故原因に結論を出すのは時期尚早」との考えを示した。韓国当局は、ロシア側と失敗の原因を探るため、議論を重ねると表明した。

平成22年6月11日 15:53

衛星打ち上げ失敗で韓国・ロシアが対立「あんたらのせいだ!」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

衛星打ち上げ、また失敗 発射直後にロケット爆発 [科学技術]


 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」が10日、同国南部全羅南道の羅老宇宙センターから打ち上げられた。韓国政府によると、発射から2分17秒後に地上との通信が途絶し、飛行中の爆発で打ち上げは失敗に終わった。

 安秉万教育科学技術相は打ち上げ後に記者会見し、羅老号は飛行中に1段目で爆発があったと説明。韓国とロシアの専門家が現在、飛行状態について詳しく分析しており、両国の合同調査団が今後、爆発の原因究明を進めると述べた。

平成22年6月10日(木)20:03

衛星打ち上げ、また失敗 発射直後にロケット爆発 韓国
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国の衛星ロケット、発射二分後に爆発 [科学技術]

 韓国の南部全羅南道の「羅老宇宙センター」から10日夕、人工衛星搭載ロケット「羅老号」が発射されたが、韓国教育科学技術省などによると、2分17秒後、高度約70キロ付近でロケットが爆発し、打ち上げに失敗した。

 平成21年8月の1回目の打ち上げでは、人工衛星を大気との摩擦から保護するカバーがうまく外れず、人工衛星の軌道投入に失敗したが、今回はロケットそのもののトラブルだった。ロケットは2段式で、1段目はロシア、2段目は韓国の製造。搭載されていたのは科学技術衛星で、大気に含まれる水蒸気量の測定など地球温暖化に関連したデータを収集する予定だった。

平成22年6月10日19時49分

韓国の衛星ロケット、発射2分17秒後に爆発
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国ロケット打ち上げ失敗 飛行中に爆発 [科学技術]


 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の再打ち上げが10日午後5時、同国南部・全羅南道の「羅老宇宙センター」で行われたが、飛行中に爆発し失敗した。安秉萬教育科学技術相が明らかにした。

 最初のロケットは昨年8月、同センターから打ち上げられたが、軌道に入れず失敗。再打ち上げも失敗したことで、韓国の宇宙開発に大きな痛手となるのは必至だ。

平成22年6月10日(木)19:45

韓国ロケット打ち上げ失敗 飛行中に爆発
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国「羅老号」爆発 また打ち上げ失敗 [科学技術]


 韓国教育科学技術省は10日、韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」が同日午後5時過ぎ、韓国南部全羅南道の羅老宇宙センターから打ち上げられたが、「飛行中に爆発したと判断される」とし、失敗したと発表した。韓国とロシアの共同調査団を組織し、詳しい原因を調査する予定。

 昨年8月にも、最初の羅老号が打ち上げられたが軌道に入れず失敗した。羅老号の開発は平成14年8月に始まり16年にロシアのメーカーと契約を結び開発を進めてきた。

平成22年6月10日19時38分

韓国「羅老号」爆発 また打ち上げ失敗
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国の衛星ロケット、軌道投入に失敗 [科学技術]


 韓国政府は25日午後5時、同国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」を南西端の羅老宇宙センターから打ち上げたが、衛星の軌道投入に失敗。

 羅老号は2段式で、重さ約100キロの試験科学技術衛星を搭載。1段目のブースターの切り離しには成功したが、上空300~1500キロの楕円軌道への衛星投入に失敗した。韓国政府は、1段目のブースターを共同開発したロシアと調査委員会を立ち上げて詳しい原因を調べ、来年5月2日の再発射を目指す。

 羅老号は当初、7月30日の打ち上げを目指したが、1段目のブースターの調整が遅れたほか、19日には機器の故障で打ち上げ直前に中止になるなど、何度も発射が延期されていた。

 一方、北朝鮮も4月に衛星搭載ロケットと称して長距離弾道ミサイルを発射し、国連安全保障理事会が発射を非難する議長声明を採択。北朝鮮外務省は羅老号打ち上げについて「6者協議の参加国が国連安全保障理事会に上程するか注視する」とのコメントを発表し、国際社会を牽制していた。

平成21年8月25日20時2分

韓国初の衛星ロケット、軌道投入に失敗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
科学技術 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。