So-net無料ブログ作成
不法滞在 ブログトップ

不法滞在の海女、韓国人を八人摘発 [不法滞在]


 三重県警警備1課と名古屋入国管理局は10日、同県内に不法滞在し、海女として働いていた、いずれも韓国籍の51~65歳の女8人から入管難民法違反(不法残留資格外活動)の疑いで事情を聞き、同入管に収容するとともに、不法滞在と知りながら、働かせていた日本人の船主2人を同法に基づき、厳重注意処分とした。

 8人は同県紀北町内の漁港から2隻の漁船に乗り込み、アワビやサザエ、ウニなどを取っていたという。

 発表によると、51歳の女は平成9年10月24日に15日間の観光ビザで入国し、そのまま12年9か月にわたって不法残留。残り7人は今年5月20日から7月9日にかけて90日間の観光ビザで入国、不法に働いていた疑い。8人は「金を稼ぎたかった」と供述している。

 同県内では日本人の海女不足が深刻で口コミで入国、集まってきたという。

平成22年8月10日午後9時39分

不法滞在の海女、韓国人8人摘発 最長12年
nice!(0)  コメント(0) 

佐久市で不法滞在の支那人と韓国人を八人摘発 [不法滞在]

 佐久市で不法に滞在していた支那人と韓国人の女8人が昨夜佐久警察署に摘発されました。

 出入国管理法違反などの疑いで摘発されたのは28歳から43歳までの支那人と韓国人の女合わせて8人です。

 佐久警察署によりますと8人はビザが切れた後も不法に残留したり資格がないのに飲食店で働いたりしていたということで不法滞在の期間は4年から6年8か月に上ります。

 摘発は「不法滞在と思われる外国人が働いている」との住民の通報に基づいて佐久警察署と県警本部東京入局管理局が合同で行ったものです。

平成二十一年十二月十一日午前六時五十二分

佐久市で不法滞在の支那人韓国人8人摘発
nice!(0)  コメント(0) 

不法残留の韓国人女性を逮捕 上田署 [不法滞在]


 昨日、韓国籍の無職の女性三十一歳を上田市内で職務質問した結果、身分を明らかにする旅券等所持してないことから捜査して、約九年にわたり不法に残留していたことが分かり、本日、出入国管理及び難民認定法違反で逮捕しました。

平成二十一年六月十六日

不法残留の韓国人女性を逮捕 上田署
不法滞在 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。