So-net無料ブログ作成

メディア調査会社の呆れる視聴率改竄実態 韓国 [偽装]


 去る17日、韓国の2大メディア調査会社が、各々を相手に起こしていた損害賠償請求訴訟に判決が出た。TNSメディアコリアとAGBニールセン・メディア・リサーチはそれぞれテレビ視聴率の調査を行っている。

 競合する2社だが平成18年にAGBがTNSの視聴率改竄疑惑を持ち出した。それを受けたTNSはAGBを提訴。一方提訴されたAGBも「TNSが取引先に“AGBが虚偽の事実を流した”という電子メールを送り、財産的・精神的な損害を与えた」として反訴し、裁判は決着を迎えぬまま、目も当てられぬような泥仕合を繰り広げていた。

 今月17日ソウル南部地裁で行われた判決で、ソン・ジホ裁判長はTNSの訴えを棄却。AGBの訴えを認め約754万円をAGBに損害賠償として支払うよう命じた。TNSは視聴率改竄の実態を明らかにした。

 視聴率調査はテレビの媒体力・広告効果を測る一つの指標として利用される。テレビ局は自社の番組の視聴率を測るために、メディア調査会社に調査を依頼する。その数字を元に広告主を募る訳だ。テレビ局にとっては視聴率は生命線。当然ながら、視聴率の高い番組は広告が売れる。TNSはテレビ局が広告を売り易いように便宜していたことになる。

 韓国は現在、このテレビ広告の料金が高騰しており、2社は激しい競争状態にあった。TNSは主要取引先であるMBC局に対して有利になるように、偽りの視聴率を公表していたのだ。

 改竄は平成15年から行われていたという。改竄の実態はこうだ。

 平成15年12月8日、大田地域のKBS局『ニュース9』が27.7%、MBC局『ニュースデスク』が13%の視聴率で集計されると、これを25.1%と15.3%に改ざん。同様に改竄が認められたものは15年10月から17年1月までの間に628回にも及ぶ。

 視聴率改竄の理由として「MBC放送の機嫌を取るために視聴率操作をした」という。KBS局の視聴率が30%を越えると、MBC局側が過剰に反応するので、30%を越える視聴率は全て下方調整していた。また、番組間での視聴率の偏差も調整していたというから、計画的で悪質と言わざるを得ない。

 平成20年現在で韓国のテレビコマーシャル全体の収益は約2192億1900万円にも上る。韓国のテレビ広告市場は急成長を続けている。成長の速度に、市場モラルがついて行っていないのではないだろうか。

平成21年9月25日

メディア調査会社の呆れる視聴率改竄実態 韓国
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

偽装結婚仲介容疑で韓国人の女を再逮捕 神奈川 [偽装]

 韓国人の偽装結婚を仲介したとして、神奈川県警国際捜査課は26日、韓国籍の川崎市川崎区桜本、美容室経営金敏淑被告(51)(起訴済み)を電磁的公正証書原本不実記録・同供用などの疑いで再逮捕した。

 同課は、偽装結婚した3組6人の男女も同容疑などで逮捕する。

 捜査関係者によると、金被告は平成18~19年、33~50歳の韓国人の女3人から1人約20万円を受け取り、日本人を相手とする虚偽の婚姻届を川崎区役所などに提出させた疑い。依頼した女は、相手の男にも100万円前後の謝礼を支払っていたという。

 金被告は約10年前から知人らに頼まれて約30組の結婚を世話したが、2年前から首都圏の飲食店や風俗店で働く短期滞在資格しかない韓国人らに偽装結婚のあっせんをしていたという。

 金被告は昨年7月、韓国人の男(34)の依頼で日本人の女(33)と偽装結婚させたとして起訴されている。

20年8月26日14時56分 読売新聞

偽装結婚仲介容疑、韓国人の女を再逮捕…神奈川
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「修理費出したくない」交通事故偽装 韓国人暴力団幹部を逮捕 [偽装]


 交通事故を装い保険会社から保険金をだまし取ろうとしたとして、警視庁第2機動捜査隊は、詐欺未遂の疑いで台東区浅草、指定暴力団住吉会系組幹部で韓国籍の梁喜彦容疑者(52)と同組員で千葉県流山市南流山、韓国籍の康祐京容疑者(57)ら3人を逮捕した。

 3人は容疑を認めており、梁容疑者は「以前の事故の修理費用を自分で出したくなかった」などと供述しているという。調べでは、3人は昨年12月31日、荒川区南千住で梁容疑者の乗用車にレンタカーをわざと衝突させ、保険会社から修理代の保険金をだまし取ろうとした疑い。

20.5.29 02:34

「修理費出したくない」交通事故偽装 韓国人暴力団幹部を逮捕
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「指紋逃れ」に日本人名義の旅券を不正取得していた韓国人を逮捕 [偽装]


 韓国人と日本人の偽装結婚を仲介したとして、警視庁に電磁的公正証書原本不実記録容疑などで逮捕されたブローカー3人が、過去に日本から強制送還された韓国人らの依頼を受け、約40人分の日本人名義のパスポートを不正取得していたことがわかった。

 強制退去者の再入国の阻止などを目的に、昨年11月以降、来日する外国人は指紋採取が義務付けられたが、依頼した韓国人らは「日本人のパスポートがあれば、指紋を採取されなくて済むと思った」と供述しているという。同庁によると、新入国審査制度の導入後、指紋採取をすり抜ける目的で日本人名義のパスポートが不正取得されたケースが発覚したのは初めて。

 逮捕されたのは、韓国人の無職金鍾吉(38)(埼玉県越谷市袋山)、中古車販売業鈴木隆(43)(千葉県市川市北国分)の両容疑者ら。同庁幹部によると、3人は昨年3月、東京都台東区内の韓国人の女(30)と越谷市内の建築業の日本人の男(39)の虚偽の婚姻届を同市役所に提出した疑い。

 3人は、都内で配布されている韓国人向けのフリーペーパーに、「在留資格でお悩みの方を支援します」との広告を掲載。鈴木容疑者が、インターネットの闇サイトを通じて日本人の男の住民票や健康保険証などを用意し、別の申請代行役の日本人が旅券を申請して、強制送還されたことがある韓国人らに120万円で渡していたという。

20年5月26日14時39分 読売新聞

「指紋逃れ」に日本人名義旅券、韓国人らの依頼受け不正取得
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

偽装結婚仲介、虚偽届け出の韓国人を逮捕 [偽装]


 偽装結婚で虚偽の婚姻届を出したとして、警視庁組織犯罪対策一課は26日までに、韓国籍のブローカー、金鍾吉容疑者(38)=埼玉県越谷市袋山=を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕した。

 金容疑者は平成18年以降、不法就労を狙った韓国人が日本人になりすますための旅券の不正取得約40件と、韓国人と日本人の偽装結婚約100件を仲介。総額約8000万円の収益を得たという。

 調べによると金容疑者は平成19年3月、埼玉県の越谷市役所に日本人の男と韓国人の女が結婚するとうその届け出をし、受理させた疑い。

20/05/26 13:53

偽装結婚仲介で8000万円の収益か・虚偽届け出容疑の男逮捕
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

偽装結婚で韓国人を逮捕 兵庫県警 [偽装]


 県警組織犯罪対策課などは19日、大阪市西成区、アパート管理人、井寄一浩被告(47)=既に起訴=ら4人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑などで逮捕、送検したと発表した。

 他に逮捕されたのは、同市西成区、無職、松井孝(44)と韓国籍の同市中央区、飲食店員の白金熙(30)両容疑者と同市浪速区、無職の三谷健被告(34)=同=の3人。

 調べでは、松井、白、井寄の3容疑者は白容疑者に長期の在留資格を取得させるため、04年8月、同市浪速区役所に松井、白両容疑者の虚偽の婚姻届を提出した疑い。白容疑者は松井容疑者に150万円、井寄容疑者に50万円を報酬として支払った。また、三谷、井寄両容疑者は別の韓国籍の女性=既に強制退去=と共謀し、06年11月、同市大正区役所に虚偽の婚姻届を提出した疑い。4人は容疑を認めているという。

毎日新聞 平成20年5月20日

偽装結婚:虚偽の婚姻届提出、容疑で4人逮捕--県警 /兵庫
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。