So-net無料ブログ作成

竹島問題で韓国側の論拠を崩す公文書が見つかる [侵略]


 日本と韓国が互いに領有権を主張する竹島問題で韓国側が論拠としている竹島はわが国と関係ないとする明治政府の文書太政官指令の内容は現在の竹島を示すのではなく朝鮮半島沖にある鬱陵島と判断できる島根県の行政文書が見つかったことが22日竹島問題研究会への取材で分かった。研究者は「韓国側の主張が崩れる貴重な資料」と注目している。

 太政官指令は明治10年に作成され竹島ともう一つの島はわが国と関係がないと記述しているため韓国側は日本が領有権を放棄したと主張。しかし明治政府発行の当時の地図では現在の竹島の位置に何もなく朝鮮半島沖にある鬱陵島が竹島松島の2つの名前で書かれていることから太政官指令での竹島はこれまでも鬱陵島を指すとみられていた。

 今回見つかった行政文書は島根県が所蔵し太政官指令の5年後に作成された明治15年1月31日付の県治要領。杉原隆県竹島研究顧問(71)が当時の外務省関連文書などを調べる過程で見つけた。

 この県治要領では地元の士族が島根県に出した鬱陵島とみられる松島の開拓願いについて内務省が松島は朝鮮領として不許可にした経緯を記述。そのなかに前に指示した通りわが国に関係ないという趣旨の記述があった。

 太政官指令と重なり合う内容であることから太政官指令で表記された竹島は県治要領で示す松島つまり現在の鬱陵島とみられる可能性が一層強まったという。

 この問題では現在の竹島が日本領であることを示す19世紀のドイツ製の地図も複数見つかっている。

 同研究会座長を務める下條正男拓殖大教授は韓国側が太政官指令を頼りにしてきた論拠が崩れたと評価している。

平成二十二年二月二十三日午前七時四十一分

竹島問題で韓国側の論拠を崩す公文書が見つかる

支那大陸 本日モ反省ノ色無シ
朝鮮半島 本日モ波高シ
露西亞平原 本日モ侵略止マス
日本の病巣
世界の病巣

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

米オレゴン州HPに朝鮮語で「竹島は南朝鮮の領土」 [侵略]


 米国オレゴン州が公式開設したホームページに「竹島は南朝鮮の領土」という内容がハングルで掲載されていたが、日本政府の抗議で閲覧が中止になったことが明らかになった。

 28日の毎日新聞によると「竹島は南朝鮮の領土」という内容が、オレゴン州ホームページ上に南朝鮮語に訳された自動車運転免許取得方法案内サイトに掲載されていた。車間距離を取ろうと説明するページで、車のイラストに「竹島は南朝鮮の領土」「竹島 愛の集まり」などと朝鮮語で書かれていた。またある男性がスピード運転自制を要請する「ゆっくり(SLOW)」という表示の警告版を掲げているページでは、この男性が着用した上着に朝鮮語で「竹島は南朝鮮の領土」「竹島 愛」という言葉が印刷されていた。

 日本の外務省は「これは竹島に対する不適切な表現」としてオレゴン州に遺憾を示し、オレゴン州は最近、閲覧中止措置を取ったことが伝えられた。現在、オレゴン州ホームページ朝鮮語案内では検索されない。これに対してオレゴン州側は「こうした表記は承知していなかった」と釈明したと毎日新聞は伝えた。

 運転免許案内文の朝鮮語版をオレゴン州から依頼されて制作した朝鮮系米国人男性(53)は、毎日新聞に対し「朝鮮語版は朝鮮系住民たちが見るものなので、南朝鮮人として竹島に対する認識をひろめたかった。問題にはならないはず」と話しているということだ。

平成十九年十二月二十八日 午前十時五十二分五十一秒

米オレゴン州HPに「竹島は南朝鮮の領土」…日本が抗議


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

金大中事件、南朝鮮大使は謝罪せず [侵略]

 南朝鮮の柳明桓駐日大使は24日午前、外務省を訪れ、木村仁外務副大臣に南朝鮮政府の「過去史真相究明委員会」がまとめた金大中拉致事件の再調査結果を説明した。これに対し、木村副大臣は「事件が当時の南朝鮮中央情報部(KCIA)部長の指示に基づき行われたことが明らかになった。南朝鮮当局が日本国内で公権力を行使したことは日本として遺憾だ」と指摘した。

 ただ、柳大使は謝罪などは行わず、「本国に直ちに報告する。南朝鮮政府の立場はできる限り早期に日本政府に伝達する」と述べるにとどめた。

 一方、町村信孝官房長官は24日午前の記者会見で、金大中拉致事件はKCIAによる組織的犯行だったと南朝鮮政府が認めたことについて、「日本国内で主権を侵害するような事件が起きたことは大変問題だ。(日本政府が)遺憾の意を明確に表明したのだから、南朝鮮政府からしかるべき対応があるものと思う」と述べた。南朝鮮政府による謝罪を求めた形だ。

 また、南朝鮮政府の報告書が、真相究明を怠った日朝両政府に責任があるとしていることについて、町村長官は、犯行に加わったとみられる在日南朝鮮大使館1等書記官だったKCIA出身者の事情聴取を南朝鮮側が認めなかった事実を指摘。「責任が日本側にあるという主張を南朝鮮がするのであれば、とても受け入れられない」と批判した。その上で「日本の捜査当局による捜査は現在も継続中であると聞いている」とも述べた。

19/10/24 11:31

金大中事件、日本政府は遺憾の意表明 南朝鮮大使は謝罪せず


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国人が神社乗っ取り [侵略]

「旧海軍支えた」お稲荷さん乗っ取り?告発を京都府警受理

2006-12-21 05:09

 旧海軍の日本海での拠点としてかつて鎮守府が置かれ、現在は海自や海保が基地を設置する海の要衝・京都府舞鶴市で「稲荷神社の乗っ取り疑惑」が浮上、司直の調べが入ることになった。今年3月にこの神社の宗教法人役員名簿が「正規の手続きがないまま」に改竄され、その後は石鳥居や社務所などが次々と撤去される事態になっている。憂慮した神社庁は公正証書原本不実記載罪で府警に刑事告発。同庁によると告発は20日、受理された。戦前は海軍関係者のお膝元の守り神として栄えたお稲荷さんが、平成の世に存亡の危機にさらされている。(イザ!編集部)

 同庁の告発によると、乗っ取り被害に遭っているのは京都府舞鶴市長浜加津良の稲荷神社(通称「加津良稲荷」)。ことの始まりは今年3月、京都市内の司法書士事務所から同神社の宗教法人役員名簿が変更されたとする「神社規則変更承認申請書」が京都府神社庁に提出されたことだった。

 「寝耳に水」の同庁が申請内容を調べたところ、同庁内規の「代表役員は宮司の職を以って充てる」に抵触することが判明。これを基に同庁はこの名簿変更を拒絶、所轄である京都府知事の認証も与えなかったことで、この役員名義変更問題はいったんは解決したかに見えた。

 ところが今年9月、同庁がこの神社の役員名簿を再度調べたところ、いつの間にか役員名が変更されていたことが発覚。同庁の調べでは、拒絶直後の同年3月、すでに印鑑登録証明付で「責任役員会議事録」が提出され、正規の手続きを踏んだと認識した京都地方法務局舞鶴支局が受理してしまったというのだ。事態を受け、同庁が「神社本庁の認証も受けない虚偽の報告で不実な登記したのは宗教法人法第30条に違反する」として公正証書原本不実記載罪で府警に告発。告発は20日、受理された。

 この神社は旧海軍舞鶴鎮守府を支えた地元にとって、商売繁盛の「お稲荷さん」として親しまれてきた貴重な存在。それだけに、無残にも鳥居は倒され、さらに施設は撤去されるなどは耐えがたい事態だった。さらに神社は舞鶴の海自舞鶴補給所に近く、関電火力発電所・舞鶴1号機が10km内にあることも拍車をかけ、「2ちゃんねる」などのネット上で「テロ目的だ!」などの書き込みが続出、“お祭り状態”となっている。

 地元からは「年に一度の祭典の際に存在感があるだけの重要でない神社。土地登記の問題だけ」との声もある。今後は京都府警の調べを待つが、海軍の歴史を支えたこのお稲荷さんにどんな結末が待っていることやら…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

竹島不法占拠、カーナビも [侵略]

韓国トヨタ「レクサスのカーナビに独島を表示します」

2006/11/22 10:01

 「独島(日本名竹島)」に対する韓国ネティズンの反応はとても激しいものでした。今月16日付の本紙コラム「レクサスのカーナビには独島がない」が掲載された直後のことです。そのコラムの内容は、新しく発売されたレクサスLS460のカーナビに、「独島」の地名が表示されていないことを指摘するものでした。

 本紙の報道後、聯合ニュース、文化日報、YTNなど、多くのマスコミがこれを確認し、ニュースとして報じました。自動車関連のサイトには、「レクサス不買運動」から「レクサスはカーナビを早く修正すべきだ」というものまで、実に多様な意見が寄せられました。

 ところで、最近一部の新聞は、自分たちが特ダネを逃したことに対する言い訳をするかのように、レクサスのカーナビにはちゃんと独島が表示されているなどと、とんでもない主張を行い、混乱を引き起こしています。揚げ句の果てには、誤報だったという主張をする新聞まで現れました。こうした間違った主張を行う背景には、今回の独島問題の本質をきちんと把握できていないという事情があるようです。

 問題の本質は、日本企業であるトヨタがレクサス LS460に装着するカーナビを製作する過程で、地図上に独島のような形をした島だけを描き、“独島”の地名を表示しなかったことです。そのため、この島が独島なのか、あるいは日本の一部政治家が主張する竹島なのかがはっきりとしません。

 また、韓国全体を表示する地図(小縮尺地図)に独島が表示されていないことも問題です。これは韓国で製作・販売されているカーナビや、そのカーナビを装着したほかの輸入車では「独島」という地名が鮮明に表示されているのに比べ、明らかな差があります。

 トヨタの子会社・デンソーコリアに電子地図を納品した韓国のインターネット地図会社PMIは「デンソーに納品した地図は、政府の規定に従い“独島”という地名を表示し、小縮尺の地図にも韓国の東西および南の端である独島・白レイ島・馬羅島を鮮明に表示するようにした。それなのに、レクサスのカーナビに“独島”の地名が表示されないのは、デンソーやトヨタが地図を加工する過程で生じたこと」と説明しました。

 一歩遅く事態の深刻さに気付いた韓国トヨタは、レクサスLS460のカーナビに「独島」の地名がきちんと表示されていないことを認めました。韓国トヨタは「6カ月後にアップグレード(改善)するカーナビ用電子地図に、独島の地名をきちんと表示するよう日本本社に要請した。新しい電子地図(DVD)が用意でき次第、ユーザーに配布する」と発表しました。

 レクサスの地図がどのように変わるのか、今から楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「地球征服は快感」韓国大統領 [侵略]

盧武鉉大統領「衛星打ち上げで地球征服した気分」

【ソウル26日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は26日、多目的実用衛星「アリラン2号」や軍民共用通信衛星「ムグンファ5号」の開発・打ち上げに携わった関係者150人余りを青瓦台(大統領府)に招き激励した。

 盧大統領は「科学技術の中でも宇宙航空技術こそが科学技術の『花』。テレビで初めて打ち上げのシーンを見たときは特別何も感じなかったが、伝送された写真を見てもどかしい気持ちが晴れた感じがした」と打ち上げの成功を評した。また、アリラン2号は「目」となり世界各地を見ることができ、ムグンファ5号は「耳」となり南太平洋上空で通信をカバーするため、何となく地球を征服したような快感があると述べ、関係者らの労をねぎらった。

 このほか、衛星の打ち上げの成果について、「世界何位、数カ国のうちのひとつ、と考えただけで感激だが、植民地から解放された国では唯一。あとは飛行機だけもう少しよいものを作れば終わりだ」と述べ、韓国が短期間に科学技術を蓄積して成果を上げたことに喜びを示した。

9月27日9時12分


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国、再び竹島周辺を調査へ [侵略]

韓国、再び竹島周辺を調査へ…事態憂慮の政府は自制求める

 韓国が不法占拠している島根県・竹島近海を含む海域で、10月に海洋調査を行う方針が27日わかった。7月にも強行したばかり。

 10月末までの約20日間のうちの一定期間行うといい、範囲は7月と同様、竹島周辺のわが国領海や排他的経済水域(EEZ)を含んでいるとみられる。

 同海域での調査では紛争回避の事前通報制度創設に向け、韓国側も歩み寄りつつあっただけに、政府は事態を憂慮。来月上旬にもソウルでのEEZ境界画定交渉などの場で説明を聞き、自制を求める。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。