So-net無料ブログ作成
検索選択

八戸で停電の被災民家へ空き巣続発 [窃盗]


 東日本大震災の津波で被災した八戸市の沿岸部で避難所にいる住民の留守宅から大型の薄型テレビ現金などが盗まれる事件が相次いで発生していることが15日被害者らへの取材で分かった。復旧が遅れる停電の闇にまぎれた犯行とみられる。八戸署はすでに捜査を始めパトロールを強化している。

 同市の30代女性は自宅から42型の液晶テレビやブランド品の腕時計などが盗まれた。犯人は津波で壊れた玄関ドアか窓から侵入したらしい。

 14日の日中に自宅を片付けたときは異常がなく停電が続いているために避難所へ泊まり15日朝に自宅へ再び戻ると2階のテレビなどがなくなっていたという。

 女性は「自宅の2階は無事で電気が通れば見られるねと家族と話していたのに。室内は靴跡の泥だらけ。タンスなどの引き出しを全部開けて物色したようだ」と話した。再発を防ぐため玄関ドアに板を打ち付けさらに壊れた冷蔵庫を置いた。

 同市内の15日も停電が続いた地区では被災のため夜間は留守にしている住宅で被害が相次ぎ「15日朝タイヤのホイール液晶テレビ子ども貯金箱がなくなっていた」「娘の家でテレビやパソコン孫のお小遣い8千円が盗まれた」など本紙取材では十数件の被害があるもよう。

 八戸署は停電が続く地区での警戒を強化。市に対して各避難所にいる住民に対し家を出る際は貴重品を持ってしっかり戸締まりをしてほしいと呼び掛けるよう要請している。

平成二十三年三月十六日

停電の被災民家へ空き巣続発

日本萬歳

日本の病巣
世界の病巣

露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。