So-net無料ブログ作成
検索選択

自殺した女優 三十一人に百回以上酒接待性接待 復讐して欲しい [売春]


 昨年3月に自殺した女優の張子妍が「31人に100回以上接待した」と自筆で残した文書が公開され社会的波紋が予想されている。

 SBSは6日8時ニュースで張子妍が平成17年から21年の自殺直前まで直接作成し知人に渡していた文書50通230ページを単独入手した」と報道した。

 SBS側は張子妍は31人に100回以上の酒接待性接待を強要されたと文書に残したとしてこれはこれまで芸能界に性接待とはありえないと主張してきた前企画会社代表の話とは全く異なる内容だと説明した。

 張子妍は文書に接待場所を細かく記録していたほか相手の職業まで几帳面に書き込んでおりこの中には芸能プロダクションや制作会社関係者大企業金融機関報道機関関係者が多数含まれているとSBSは伝えた。

 「復讐してほしい。接待から抜け出す方法がない。接待を受けに来た男性は悪魔だ。100回以上接待に引っ張られて行った。新しい服を着る時はまた別の悪魔に会わなければならない」と当時の壮絶な状況を描写した張子妍は「両親の法事の日にも接待に駆り出された。リストを作っておいたので(私が)死んだとしても復讐してほしい。冥土から復讐してやる」など血のにじむ絶叫を書き込んだ。

 SBS側は公認専門家に筆跡鑑定を依頼し張子妍の筆跡と合っているという結果を得たと明らかにした。

 張子妍は平成21年3月に京畿道盆唐の自宅で自殺したが遺書は発見されておらず単純な自殺として処理された。しかしマネジャーがいわゆる張子妍文書があると主張し波紋を呼んだ。所属会社前代表とマネジャーユは22年11月にそれぞれ懲役1年と執行猶予2年社会奉仕160時間の宣告を受けている。

平成二十三年三月七日午前十時十四分

自殺した女優 三十一人に百回以上酒接待性接待 復讐して欲しい

日本の病巣
世界の病巣
露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸 本日モ反省ノ色無シ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。