So-net無料ブログ作成

腐った豚の死体が破裂音とともに地上に飛び出した [疫病]


生き埋めにされた豚の呪いか

 寒波が緩み口蹄疫で埋却処分された豚の死体が急速に腐敗し埋却地が毀損されている。牛は大部分が内蔵のガス発生を予想し殺処分の際に胃腸をえぐり取ってから埋めたが豚は生きたまま埋めたために死体が腐り風船のように膨らみ土を積んだ埋却地の表面に豚の死体が飛び出してくる事例が各地で起きている。

 17日京畿道利川市と豚農場主たちの話を総合すれば先月28日に豚2000頭余りを埋めた利川市戸法面珠美里で4日後の去る1日農場埋却地が裂け豚の死体7~8体が土地の表面に飛び出してきて4日に埋め戻した。だが6日後の10日にこの埋却地から再び死体5~6体が表面に露出し利川市防疫事後対策班が緊急出動し再度埋めた。

 先月17日豚4300頭を埋めた利川市暮加面ソガ里の農場埋没却地でも4日後に埋却地が陥没し豚の死骸が地上に突出しているのを農場主が発見し利川市に申告した。このように埋却地で豚の死骸が露出したところは利川市だけで栗面月浦里雪星面 長陵里など計6ヶ所だ。

 京畿道驪州で先月末豚3000頭余りを埋めたという農場主ユン某氏は17日ハンギョレとの通話で「埋却地が裂けて腐敗した豚の死体がボンという音を発し地上に押し出されてきたことがある」として「気温がもっと上がれば大きな問題になりそうだ」と伝えた。

 豚の死体が埋却地の上に出てくる主要原因が生き埋めにあることには異見がない。

 豚農場主パク某氏は「生きたまま埋却穴に投げこまれた豚たちが土砂を避けようとして隈に集まるしかない」として「死体が集まったところから腐敗によるガス噴出が激しく埋却地が毀損されざるを得ないだろう」と話した。

 利川市関係者は「あまりにも多くの豚を一度に埋めた結果起きたことと思われる」として「気温が上がるほどこういう現象が増えるものと予想され今後相当な悩みの種になりそうだ」と憂慮した。

平成二十三年二月十八日午前零時三十分

腐った豚の死体が破裂音とともに地上に飛び出した

日本萬歳

日本の病巣
世界の病巣

露西亞平原 本日モ侵略止マス
支那大陸  本日モ反省ノ色無シ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。