So-net無料ブログ作成

不法滞在の海女、韓国人を八人摘発 [不法滞在]


 三重県警警備1課と名古屋入国管理局は10日、同県内に不法滞在し、海女として働いていた、いずれも韓国籍の51~65歳の女8人から入管難民法違反(不法残留資格外活動)の疑いで事情を聞き、同入管に収容するとともに、不法滞在と知りながら、働かせていた日本人の船主2人を同法に基づき、厳重注意処分とした。

 8人は同県紀北町内の漁港から2隻の漁船に乗り込み、アワビやサザエ、ウニなどを取っていたという。

 発表によると、51歳の女は平成9年10月24日に15日間の観光ビザで入国し、そのまま12年9か月にわたって不法残留。残り7人は今年5月20日から7月9日にかけて90日間の観光ビザで入国、不法に働いていた疑い。8人は「金を稼ぎたかった」と供述している。

 同県内では日本人の海女不足が深刻で口コミで入国、集まってきたという。

平成22年8月10日午後9時39分

不法滞在の海女、韓国人8人摘発 最長12年
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。